最新の顔のたるみ治療の技術について

若返り

加齢と重力によって顔の皮膚が下にたれることで
できてしまう顔のたるみは、見た目の印象を
大きく変えてしまう上に、深いほうれい線や
二重あごを引き起こしたりするイヤなものです。

この顔のたるみは、美容皮膚科や美容クリニック、
美容外科で様々な治療を受けることができます。

それでは、顔のたるみに効果的な、最新技術を
見ていきましょう。
たるみの原因のひとつは、肌のコラーゲンや
エラスチンの減少による弾力の低下です。

そこに効果的に働きかけるのが、「サーマクール」という、
ラジオ波(高周波)を使用した治療方法です。心

肌の奥深くに熱エネルギーによる刺激を与えて、
衰えたコラーゲンを破壊することでコラーゲンの
再構築を促し、皮膚全体を引き締める方法です。

近年はこのように、メスを使わない、いわゆる
切らない治療が主流になっています。

若返り手術として有名な「フェイスリフト」も、
現在は、特殊な構造の糸で皮膚自体を引き上げる、
切らない方法が主流です。

さらに、高密度の超音波で、皮膚の下にある筋肉に
直接熱エネルギーを加えて筋肉を引き上げる
「ウルセラシステム」が、「切らないフェイスリフト」
とも呼ばれいて、新しい技術として注目されています。

また、成長因子の作用で皮膚のハリを取り戻す
「プラセンタ注射」や、有効成分を気になる
顔のたるみ部分に注入する「ヒアルロン酸注射」と
「ボトックス注射」を、単体ではなくて、
顔全体のバランスを最新型の機械で
確認しながら、組み合わせて総合的に
施術する治療方法も、人気が出てきています。

いずれにしても、どの治療方法が向いているかや
施術にかかる時間等は、それぞれかなり異なって
いますので、事前の十分なカウンセリングが大切です。