• Home
  • Archive by category "治療法"

ソフウェーブに美容皮膚科が注目する理由

超音波を使用したたるみ治療機器は、珍しい存在ではありません。HIFU技術が登場してからは一般的になっており、多くの美容皮膚科でも受けることができます。そのためソフウェーブに関しても、そこまで注目される理由がわからないと感じる女性もいるかもしれません。しかしソフウェーブには従来のたるみ治療機器にはない特徴があり、停滞しているHIFU技術を発展させる可能性を秘めているとされます。

次世代のたるみ治療と称されることもあるほどですから、美容皮膚科が注目するのも当然といえるかもしれません。ソフウェーブの具体的な特徴としては、照射技術にあります。使われている最新技術のスパーブは、お肌に圧倒的な熱量を与えることが可能です。

エネルギーのボリュームが従来の治療機器とは比べ物にならないほど高いので、高い効果を期待されています。照射量が多くなると、お肌のトラブルが増えるのではないかと不安になるかもしれません。しかしソフウェーブは安全性が高いとされ、神経や筋肉に損傷を与えるリスクは少ないです。

アメリカのFDAも認めた次世代型のたるみ治療機器なので、これから美容業界で注目されていくのは間違いありません。

 

安全性が高い同期平行型超音波ビームで肌質改善

スパーブとは、「Synchronous Parallel Ultrasound Beam Technology」の略称です。それぞれの頭文字をとってSUPERBと略され、日本語に直すと同期平行型超音波ビーム技術になります。

たるみの改善の期待

照射された高強度のエネルギーは、通常よりもお肌の深部に届けることが可能です。お肌の奥にエネルギーが届くことで、コラーゲンの造成を促進することができます。コラーゲンの造成が促されることでリフトアップと引き締め効果を得られ、肌質改善になるされています。

従来の治療機器では、深部にまでエネルギーを照射しようとすると熱傷のリスクがありできませんでした。しかし同期平行型の超音波ビームを照射することで、安全性を確保しながら肌質改善を実現可能です。

また引き締めによるたるみの改善を期待できるだけではなく、タイトニング効果も得ることができます。円柱型の熱損傷がシワのベクトルに合わせて作用するため、比較的早期に肌質改善の効果を実感できるのも魅力です。

一般的には3か月から4か月ほどで実感できますから、お肌の悩みを抱えているなら、クリニックで肌質改善の次世代治療を受けてみましょう。

最新のレーザー技術を使ったリフトアップ

若々しい見た目になるために美容クリニックを頼って、顔のたるみを改善したいと考えている方々におすすめなのが仙台ソララクリニックです。

頼れる皮膚科

レーザーを使って顔のたるみを改善する専門治療を得意としているクリニックで、細胞が受けるダメージも小さいので肌が弱い人でも安心して施術を受けられます。

皮膚の外側だけでなく内側からもリフトアップ効果を実感できるように、特殊なレーザーを照射しているのも特徴の一つです。

4Dアイリフトという最新技術を活用している点が話題となっており、顔の両面からレーザーを照射する事によってリフトアップの効果が大きくなります。

レーザーのシナジーを発揮しながら細胞を刺激して、コラーゲンの生成や肌の不均一を改善する効果が期待できるのが魅力です。

ダウンタイムの長さが心配な方々にも最適で、要望に合わせてレーザーの出力を調整しながら顔のたるみを改善してもらえます。

両面照射を利用するのは初めてなので、肌がダメージを受けないか心配という人に最適なのは2Dアイリフトという施術です。

表面と裏面の両方からレーザーを照射する事で目元のたるみを改善できて、若々しい顔立ちに変化すると好評な施術です。

顔の筋肉を鍛える事でスリムな顔立ちに

美容クリニックを頼らずに顔のたるみを改善したくて、セルフケアを頑張ろうかと迷っている方々におすすめなのが、顔の筋肉を鍛えられる風船ダイエットです。

テレビや雑誌やSNSなどで話題になっているダイエット方法で、ファッションモデルなども行っているために効果の高さは多くの人から信用されています。

風船を膨らませて腹式呼吸を続けているだけで、腹筋や横隔膜を刺激できるというシンプルなダイエット方法です。

筋肉の量が増える事によって基礎代謝量も少しずつ増えていき、顔のたるみを改善する効果も期待できます。

顔のたるみの改善効果

 

力を込めて風船を膨らませる事によって、顔の筋肉も刺激できるのが顔のたるみに効果があると言われる理由です。

顔のたるみを予防する効果も期待できますから、たるみが発生していない人にも風船ダイエットはおすすめできます。

血液やリンパ液などの流れを促進したい時にも便利なダイエット方法で、体液の流れが悪くなっているせいで顔のむくみが悪化している方々にもぴったりです。

腹筋を鍛える事によって便秘が解消したと喜んでいる人も多く、下剤などを頼って便秘を解消している方々は、薬を頼らずに排便を促せるように運動を続ける事を推奨します。

グロスファクターや3次元RF照射などたるみ治療に使われる手法は?

3次元RF照射で皮膚再生と引き締めで効果的なケア

多くの方が悩んでいる加齢に伴う肌のたるみは、外側から
いくら高価な美容化粧品利用したり、美顔器でケアをしても
セルフケアで行えるお手入れには限度があります。

そこで最新鋭のたるみ治療として美容クリニックで受けられる
「3次元RF照射」の施術が注目されています。

この3次元RF照射とは、RFと呼ばれる高周波による肌の引き締め
治療が行える美容機器を利用し行う方法です。

カウンセリングを受ける

高周波を肌に照射することで細胞内のイオンを陰極から陽極、
陽極から陰極まで1秒に100万回ほど振動させて起こる熱が
肌組織を変形させる仕組みとなっています。

従来のRFは肌の表面からしか照射することが出来なかったの
ですが、3D照射が行える最新機器を利用することでしわや
たるみの原因となる真皮層へ照射することができます。

この施術を受けることで肌を傷つけることなく効果的に
肌を引き締め、目立っていたたるみを重点的に改善する
ことが可能ですし、肌の引き締め高価によって小顔効果や、
皮膚再生促進による弾力とハリのある美肌に近づけることが
できるとして人気になっています。

手術を行うたるみ治療とは異なり、ダウンタイムがなく即時的にも
リフトアップ効果を実感出来ますし、その後数ヶ月にわたって
コラーゲン造成の効果も期待できます。

グロスファクターでたるみによるしわ改善

たるみが原因で起こる肌トラブルの一つに、ほうれい線のしわが
あります。

年齢を重ねると皮膚表面の内側にある真皮で、コラーゲンや
エラスチン、ヒアルロン酸が加齢や紫外線、乾燥によって
ダメージを受けて劣化すると、繊維芽細胞が分解して
新しいものを作り変える働きを持っていますが、
この繊維芽細胞の働きも加齢によって衰えてしまうため
肌のハリや弾力が低下し、たるみやしわといったエイジング
トラブルに繋がります。

引き締める

そのため既にほうれい線がくっきり目立つ状態になっている方は、
肌の繊維芽細胞の働きが低下してしまっているサインでもあるので、
適切なたるみ治療を受ける必要があります。

現在受けることが出来るたるみ治療は複数ありますが、
ほうれい線をピンポイントで改善したいのであれば
グロスファクターというたるみ治療がおすすめです。

このグロスファクターは、繊維芽細胞を活性化させ増殖
させる薬剤を注入する方法で、最適な濃度の薬剤を注入
することで数年にわたって肌内部のコラーゲン量を増やし、
自然にふっくらと弾力のある肌に整えるので内側から
ほうれい線が目立たなくなっていく特徴があります。

施術後も痛みや腫れ、内出血などの副作用が起こりにくく、
一時的な効果ではなく数年先まで治療効果が持続すると
いった長期間の美容効果もたるみ治療の中で人気の理由と
なっています。