• Home
  • タグ: たるみ治療

グロスファクターや3次元RF照射などたるみ治療に使われる手法は?

3次元RF照射で皮膚再生と引き締めで効果的なケア

多くの方が悩んでいる加齢に伴う肌のたるみは、外側から
いくら高価な美容化粧品利用したり、美顔器でケアをしても
セルフケアで行えるお手入れには限度があります。

そこで最新鋭のたるみ治療として美容クリニックで受けられる
「3次元RF照射」の施術が注目されています。

この3次元RF照射とは、RFと呼ばれる高周波による肌の引き締め
治療が行える美容機器を利用し行う方法です。

カウンセリングを受ける

高周波を肌に照射することで細胞内のイオンを陰極から陽極、
陽極から陰極まで1秒に100万回ほど振動させて起こる熱が
肌組織を変形させる仕組みとなっています。

従来のRFは肌の表面からしか照射することが出来なかったの
ですが、3D照射が行える最新機器を利用することでしわや
たるみの原因となる真皮層へ照射することができます。

この施術を受けることで肌を傷つけることなく効果的に
肌を引き締め、目立っていたたるみを重点的に改善する
ことが可能ですし、肌の引き締め高価によって小顔効果や、
皮膚再生促進による弾力とハリのある美肌に近づけることが
できるとして人気になっています。

手術を行うたるみ治療とは異なり、ダウンタイムがなく即時的にも
リフトアップ効果を実感出来ますし、その後数ヶ月にわたって
コラーゲン造成の効果も期待できます。

グロスファクターでたるみによるしわ改善

たるみが原因で起こる肌トラブルの一つに、ほうれい線のしわが
あります。

年齢を重ねると皮膚表面の内側にある真皮で、コラーゲンや
エラスチン、ヒアルロン酸が加齢や紫外線、乾燥によって
ダメージを受けて劣化すると、繊維芽細胞が分解して
新しいものを作り変える働きを持っていますが、
この繊維芽細胞の働きも加齢によって衰えてしまうため
肌のハリや弾力が低下し、たるみやしわといったエイジング
トラブルに繋がります。

引き締める

そのため既にほうれい線がくっきり目立つ状態になっている方は、
肌の繊維芽細胞の働きが低下してしまっているサインでもあるので、
適切なたるみ治療を受ける必要があります。

現在受けることが出来るたるみ治療は複数ありますが、
ほうれい線をピンポイントで改善したいのであれば
グロスファクターというたるみ治療がおすすめです。

このグロスファクターは、繊維芽細胞を活性化させ増殖
させる薬剤を注入する方法で、最適な濃度の薬剤を注入
することで数年にわたって肌内部のコラーゲン量を増やし、
自然にふっくらと弾力のある肌に整えるので内側から
ほうれい線が目立たなくなっていく特徴があります。

施術後も痛みや腫れ、内出血などの副作用が起こりにくく、
一時的な効果ではなく数年先まで治療効果が持続すると
いった長期間の美容効果もたるみ治療の中で人気の理由と
なっています。