• Home
  • タグ: オトガイ筋

オトガイ筋の鍛え方を紹介

今一度顔のたるみが起きるメカニズムをおさらいすると、顔に限らず全身の皮膚は常に重力の影響を受けているので下に引っ張られています。

それでも全身が正常な形になっているのは、皮膚に充分な水分と皮脂があることによる弾力だけでなく顔全体の筋肉が支えているからです。

しかし顔以外の皮膚はたるまないのに、顔のたるみが起きてしまうのはそのほかの部分と違って筋肉は動かす機会が少ないため弱りやすいのが理由になります。

特に40代を超えると新しい細胞に作り替える代謝が落ちるので、どうしても筋肉の衰えが加速してしまい顔のたるみが顕著に現れます。

美容皮膚科のウルセラは顔のたるみに効く?

ただ顔のたるみが筋肉が原因で起きている場合には、自力で改善することができます。
なぜなら筋肉は動かせば動かすほど強くなる性質があるので、衰えた部分をもとの筋力に戻せれば復元できます。

特に鍛えてほしいポイントが、あごの部分にあるオトガイ筋と呼ばれる部分です。
この筋肉が衰えると2重あごになるだけでなく、顔全体の筋肉を支える部分なので顔のたるみが顕著に表れてしまいます。

このオトガイ筋の鍛えるには、唇の押出し運動を行うとよいです。
その方法としては顔を真上に向けたうえで、キスをするように唇を前に押し出します。

この運動を10分を目安に1日3セットをすることで、あご全体の筋肉を鍛えられるので顔のたるみを改善できるのです。

筋肉を鍛えても元に戻らないなら美容皮膚科に相談を

唇の押出し運動を10分を目安に1日3セットをすることで改善が見込めるといいましたが、その効果が表れるのは最低でも1か月かかります。

もし1か月かかっても症状に改善が見込めない場合には、無理をせずに美容皮膚科に相談をするのが大事です。

皮膚科に相談する

先に言ったとおりに顔のたるみの原因というのは、重力の影響に負けて皮膚が下に落ちることで起きます。
この唇の押出し運動で改善ができるのは、原因が筋肉が衰えていることが原因で起きているのが条件で皮膚の状態は健康というのが必須です。

筋肉の衰えだけでなく、水分と皮脂のバランスそしてコラーゲンの状態が悪くなるなど皮膚トラブルが起きていると自力での改善は難しいといえます。
美容皮膚科を受信すると、まず顔面の筋肉量を計測したのちにスコープなどを使って皮膚の状態を検査します。

そこで皮膚の状態が悪いと分かった段階で、皮膚の状態を元に戻すための化粧品などの薬品を処方します。
もし化粧品での改善が難しい場合には、コラーゲン注入やボトックス注射などの外科医療を目指すのです。

そのうえで唇の押出し運動を含めた筋肉増強法を繰り返すことで、年齢を重ねることで衰えた皮膚と筋肉を元も戻すことで顔のたるみを改善させます。